2017年5月3日水曜日

FB-900のページに変更です。希少ギターグレコ

前オーナーの手書きの日付、ここ最近立て続けにグレコレスポールを3本調達。なるほどと納得のサウンド。U-500の予備が欲しいと思う結果になっちゃったわけですね。PAFとスクリーミンは、ギブソンスタイルなので性能は、悪くない。何がグレコらしいかというとU-500のジャズロックタイプと言われるマイクなんですね。40年前は、そんなこと思いもつかなかった。ハードオフにカメラを買いに行ったら入り口にこのギターが無造作に置いてあった。しかも激安。理由は、ネック折れ。PUは、鳴るとの事なのでPUを買ったつもりでギターを回収。ところがバラしてみるとそれなりに修復されているのでギターとしてまだ使えそう。次折れるまで使う事にしました。レスポールと違ってホウロウ構造じゃないのでギブソンのPUを搭載すればそれなりの音になるのかも。今のjimmyは、ギブソンの音に飽きたらしくグレコの音に敏感なんですね。特にU500ジャズロックタイプですね。
グレコのPUは、今回集めた全て、同系統の音をキープしています。「グレコの音」なんですね。40年前のjimmyには、出せなかった音が手に入りましたね。

機材の違い、一番は、自分の技量ですね。さすがに今は、それなりなので・・・・・・
当時成毛滋が絶賛したことが今、ようやく理解した次第です。

スーパーコピーには、興味なし、ギブソンを弾けばいい。ホウロウ構造のレスポールに興味あり。このファイアーバードとの出会いは、たまたまです。

 ネックの仕込みが独特で面白い




0 件のコメント:

コメントを投稿